よく分かるユニットバスと在来浴室の違い

リフォームをする機会というのはそう何回もあるものではありません。浴室のリフォームを検討されている方でも普段使っている自宅の浴室が、ユニットバスなのか在来浴室なのかを把握されている方は少ないのではないでしょうか。

このページではユニットバスと在来浴室の違い、そしてそれぞれでリフォームやメンテナンスをした場合の特徴をご紹介いたします。

ユニットバスと在来浴室の違いまとめ

まずはユニットバスと在来浴室の違いを簡単に一覧表にしてみましたのでザックリと確認してみましょう。

違い一覧表

ユニットバス 在来浴室
サイズの自由度
素材の自由度
費用相場 50~150万円 求める物による
耐久性 素材による
メンテナンス

それぞれの詳しい内容は次の項からご説明していきます。

1.ユニットバスの特徴

ユニットバス

まずは現在日本の浴室で一番ポピュラーなユニットバスから。

1-1.元々出来上がっている物を組み立てる

ユニットバス(別名システムバス)は、浴槽・壁・床・天井、その他備品をすべてセットにした浴室そのものの商品です。

各パーツをバラバラにしても現場ですぐ組み立てられるように工夫されていますので、一から作るよりも効率的に工事を行う事が出来ます。

1-2.大きさや素材は決まっている

上で書いたように浴室全体がすでに出来上がった商品となっていますので、細かいパーツを選択することは出来ても、全体の大きさや素材はすでに決まっています。

自分の好みの素材やデザインが良いという方は自分の理想に合う商品を探すか、在来浴室で好みのお風呂を注文する必要があります。

ユニットバスでよく使われている素材

ユニットバスでは定番とも言える素材があります。それはFRP(エフアールピー)と呼ばれる、耐久性・防水性に優れた素材です。FRPの他にもメーカーによって人造大理石やホーローなどという素材を使っている事はあります。

ですが基本ユニットバスなら浴槽・壁はFRPと言っても過言ではないくらい普及しているのです。

※参考ページ … ユニットバスによく使われる「FRP」って何?

一部サイズをコントロールできるユニットバス商品も

メーカーによってはオリジナルサイズのユニットバスを作成しているところもあるようです。デッドスペースを作りたくないという方は利用してみるのも手かもしれません。

1-3.一から作るよりも費用は抑えられている

大量生産を見越して作られたデザイン・素材の浴室なので、一から作るよりも費用は抑えられています。

ただ、もちろん商品によってユニットバスの浴室の広さやデザイン性も異なります。それによって値段も、求めるグレードによってはピンキリになりますのでご注意ください。

1-4.ユニットバスからユニットバスへのリフォームでは

元々ユニットバスの浴室を、違うユニットバスに入れ替える場合、比較的カンタンにリフォームが可能でしょう。ただし浴室、浴槽のサイズを大きくする場合、壁を取り壊すなど費用が掛かる事もあります。

浴室のサイズがリフォームに与える影響などについては浴室のサイズについてをご覧ください。

2.在来浴室の特徴

在来浴室

次はユニットバスとは対照的な、在来浴室についてお話しします。

2-1.在来浴室はオーダーメイド

在来工法によって作られた浴室、それが在来浴室です。在来工法とは臨機応変に広さや素材を変えて作る、いわゆるオーダーメイドの技法。

つまり在来浴室とはユニットバス以外の、その家ごとに作られた、広さや素材が違う浴室のことを指します。

2-2.大きさや素材は選択できる

希望に沿って浴室を一から作り上げていきますので、大きさや素材の自由度が高いです。

  • ヒノキを使った自然素材の浴室
  • カラフルなタイルを使った壁
  • ガラス張りの高級感溢れる浴室

など、型にとらわれない作りにする事が出来ます。

窓なども好きな位置に作りやすい

ユニットバスでは窓や配置をなかなかコントロールしにくいのに対して、在来浴室であれば好きな位置に作りやすいでしょう。

2-3.費用はどこまで求めるかによる

在来浴室は自由に構成できる反面、どこまで求めるかによって費用は違います。基本同じ浴室を作るにしてもユニットバス以上は掛かるようです。

予算に余裕があって、こだわりのある方に向いている工法と言えるでしょう。

埋め込んである浴槽の交換

浴槽が埋め込んである場合、リフォームで浴槽を交換して再度埋め込みたいケースがあります。その場合、浴槽を交換するだけでも50万円ほど掛かる事は珍しくありません。

2-4.在来浴室からユニットバスへのリフォームでは

さて、在来浴室で作られた浴室をユニットバスへリフォームする場合のお話です。在来浴室はその家ごとに広さや素材が違います。そういった理由から在来浴室をユニットバスへリフォームする時には、浴室の広さをユニットバスに合わせる必要が出てきます。

大きな在来浴室に小さいユニットバスを入れる

元々大きな在来浴室に小さなユニットバスを入れる場合、リフォームは難しくありません。今使っている浴室よりも小さくなってしまいますが、費用も掛からないでしょう。

小さな在来浴室に大きなユニットバスを入れる

小さな在来浴室にそれよりも大きなユニットバスを入れるとなると、大幅に壁を取り壊すための費用がかなり掛かるでしょう。

かなり小さな在来浴室も多い

普通のユニットバスが入らない、人ひとりが入るので精いっぱいの小さな在来浴室も多いです。その場合、壁を取り壊す事もなかなか出来ずリフォーム困難ということもあります。

そんな時には当会が行っているスプレー工法とパネル工法を組み合わせてリフォームする方法がオススメです。

メンテナンスや維持がしやすいのはどちらなのか

大体ユニットバスと在来浴室の違いが分かってきたところで、次は使い勝手について比べてみます。

掃除のしやすさ

掃除という面で言えば、若干ユニットバスの方がしやすいでしょうか。在来浴室でも掃除しやすい素材を選べば、もちろん清潔さは保てます。ただし在来浴室で木材などの素材を用いた場合にはお手入れがしにくいでしょう。

耐久力

こちらも多少違いはあれど、耐久面でそこまで大きな開きはありません。使い方や掃除の頻度によっても差が生まれるため一概にどちらが良いとは言いにくいです。

リフォームのしやすさ

最後になりました。リフォームのしやすさの違いです。これに関してはかなり差が出ます。結論を言えばユニットバスの方がリフォームしやすいでしょう。

ユニットバスなら塗装やライニングという手がある

FRPのユニットバスであれば、浴室塗装やFRPライニングなどの費用を抑えた再生手段が使えます。そしてユニットバスへの入替もしやすいです。

そういった理由でリフォーム面でいうと圧倒的に在来浴室よりもユニットバスの方がメリットが大きいでしょう。

まとめ

浴室を選択する場合、

・予算に余裕がありデザイン的で素敵な浴室を追及したい方は在来浴室
・特にこだわりがなければユニットバス

が良いでしょう。

現在、在来浴室をお使いの方で費用を抑えたリフォームをしたい方は当会のサービスがオススメです。

ユニットバス入替の高い費用にお悩みではございませんか?

  • 業者に見積もりを依頼したら50万円以上の金額になって困っている…
  • ただ綺麗にしたいだけなのに、そんなに高い費用を出したくない…
  • 何室も入れ替えることを考えると、1室にそんな費用を掛けたくない…

当会では今ある浴室を再利用することで、ユニットバス入替で掛かる費用の3分の1以下の価格を実現しました。ユニットバスの浴室まるごとリフォームが16万円(税抜)で可能となっております。
10月からはリフォームの繁忙期に入ってまいります。当会の職人は人数が大変限られておりますので、施工のご依頼はお早めにご相談ください。

  • お電話でのお問い合わせは 078-414-7682 まで
  • WEBでのお問い合わせ、資料請求はコチラまで

納得保証

無料PDF進呈中!

その他

お知らせ

2015.10.3 ホームページを更新しました。
2015.5.18 ホームページをリニューアルしました。今後ともよろしくお願いいたします。
2014.1.9 ホームページを開設しました。

ページの先頭に戻る